司法試験予備校ランキング

司法試験予備校ランキング【最新決定版】

最新の司法試験予備校ランキング【決定版】を更新しました。弁護士、検察官、裁判官の登竜門試験になる司法試験予備校比較、口コミ、評判、料金安いを徹底分析して行きたいと思います。

 

*横田匡人仙台市議会議員、横田まさと、について当サイトは関連していません。横田まさとWebSiteに関する質問はご遠慮ください。

 

また、司法試験専門学校、スクール塾以外についても同じ法律分野の国家総合職公務員試験や司法書士などについても多少触れていきたいと考えています。後は行政書士や宅地建物取引主任者とかもね。

 

なお、当サイトで紹介している司法試験予備校おすすめランキングについては頻繁に速報で順位を発表して行きたいと現在のところ考えています。忙しいと更新が滞る可能性もありますが・・・。

 

結局どっち?通信VS通学を比較

 

国内では公認会計士や国家総合職よりも難しいと言われている超難関国家試験ですので、一般的に予備校・専門学校の講座を利用するのが一般的だと思います。

 

もちろん独学で勉強して合格することも可能ですが、学習の効率性という観点を考慮すると個人的な見解では司法試験予備校に入会するのが通常と言えるのではないでしょうか?法律スクールでこれまでに数多くの合格者を輩出している学校の場合ですとノウハウをシッカリ持っていますからね。情報力についてもやはり独学と比較すると差が出てくるのかなと思います。

 

という訳では結局のところ通学と通信どっちを選べばいいの?という問題です。

 

通信講座向けの人はこんな方

  1. 社会人で働いている方(仕事の両立)
  2. 大学とダブルスクール
  3. 自宅から校舎が片道30分以上かかる
  4. 皆と勉強するより1人で自分のペース学習を進めたい
  5. 生講義に特別な魅力を感じない(WEB動画で十分!)

 

上記に当てはまる方は通学より通信の方が向いているかと思います。逆に上記とは真逆の環境や特性を持っている人は通学教室を視野に入れることをおすすめします。

 

他の資格講座の場合ですと通学の方が費用が高いとかのデメリットが挙げられることが多いのですが、司法試験の場合ですとむしろ通信講座の費用が高いケースがあるくらいですので、それほど料金において違いはないですね。

 

弁護士平均年収・給料・独立開業について

 

司法試験合格後の進路・就職・転職先として最も多いパターンが弁護士として働くことです。

 

ココでは弁護士の平均年収・給料・独立開業&起業の状況について少し話していきたいと思います。

 

まず平均年収ですが、概ね1000万円前後と言われています。ただ、弁護士は年収1億円以上の超高所得者が結構いるので、それらの成功者組が平均を引き上げている事実もあります。

 

中央値で考えるともう少し低い平均給料になるのかなと思います。

 

現在、弁護士は勝ち組・負け組がハッキリ分かれている時代に突入しました。かつては花形高収入の職業の一角に名を連ねていましたが、最近では司法試験に合格しても就職先が無いケースも珍しくなく、仕方なく求人募集を探しながらアルバイトで働いている人も結構いるようです。就職しても大手法律事務所以外だと世間が思っているような収入を得られていない新人弁護士がほとんどです。

 

独立開業については集客ができるかが大きなポイントになります。法人相手のビジネスについては人脈が大切になってきます。

 

司法書士講座口コミ&評判